2018年11月08日

[18-11-08] PlayBack名古屋 Part.3

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

名古屋グランパスがJ1に帰ってきた!
第1節
2018年2月24日 開幕戦はアウェイ,大阪吹田でありながら,勝利という最高の形でスタート。
内容は攻撃的なチーム同士の激しい撃ち合いで,リアルタイムで見ていたらアドレナリン出っ放しの試合展開だったろう。
3-2で勝利。寿人はサブ登録,出場なし。
今節白星をあげたのは,川崎,湘南,仙台,名古屋,広島の5クラブ(伏線)


第2節
3月3日ホーム豊田で磐田を迎える。
寿人は後半49分からのシャビエルとの交代で出場。
奇跡が起こった。上の5クラブのうち,首位川崎と湘南が対戦,引き分けとなり順位が下がる。
のこり3クラブは勝利し,得失点順に並ぶ。
首位:名古屋
2位:広島
3位:仙台
…………………おわかりいただけただろうか。
「軌跡」という「奇跡」。
仙台→広島→名古屋,と,これは,寿人が渡り歩いたクラブ順(新しい順)になっているではないか!
これに気付かない寿人ファンはいないらしく,一時ツイッターのタイムラインが騒然としたのは未だ記憶に新しい。


ルヴァン杯グループリーグ
3月7日 浦和レッズ
寿人はスタメンフル出場で,かつてのチームメイト西川や槙野のふもとに仕掛けるが…。
怒涛のレッズゴールラッシュでグランパス惜敗。
しかし最後の最後に決めた寿人ゴールは一筋の確かな希望の光のようだった。
「寿人を敵にしたくない」と相手側に思ってもらえると,ニンマリしちゃうよねそこは。プライドの高いレッズサポはなかなか口では言ってくれないかもしれないけど!


第3節
3月11日 湘南ベルマーレ
これは現地観戦。(関東圏で日曜開催だと行ける確率が高い)
グラサポの熱い,熱い応援を目の当たりにして,それをダイレクトに受ける選手は幸せ者だなぁ…というのを一番感じた日。
試合前のアップ時に寿人を先頭に選手たちがビジター席に駆け寄って,真っ赤に染まった大応援団に向かって全員一礼する。大声援を受けて,選手たちの士気が上がるのを感じるこの瞬間が,この日一番好きなシーンに映った。←試合そのものじゃないのかよッ!
こんな熱い応援もらったら,頑張らないわけにはいかないじゃないですか。
試合はスコアレスドロー,寿人は後半45分に途中出場したらしい(早めに岐路に着いたため見てない…)。


3月12日 勇人&寿人誕生日(36)
30代後半にいよいよ,だけども,年齢を感じさせないのは,常に新しい技術を習得することに毎日ワクワクしているからなんだろう…。
佐藤寿人というスタイルは今,無形になりつつあるようだ。「和製ピッポ」なんて言われてたような「駆け引き」重視のプレーよりも今は,自らドリブルを仕掛けたり,サイドに展開してみたりと,プレイスタイルの幅をどんどん広げていっている。


ルヴァン杯グループリーグ
3月14日 サンフレッチェ広島@エディオンスタジアム
該当月にたっぷり(?)リポートしてあったと思うので,ここでは割愛。
とにかく,広島から移籍して初の古巣対決とあって,もうこれは涙なしでは…いやハンカチなしでは……
ファン・サポーターを大切に思う寿人の言動ひとつひとつが,皆の心をあたためる。
そしてここで印象的だったのは,寿人はあくまでも「名古屋グランパスの選手」であるということ。
12年間支えてくれた古巣のファン・サポーターに向かって投げかけた言葉は,現名古屋選手という立場からのもの。
しっかり線引きというか,実に「大人」の対応であったと。
そのために押し殺した感情や言葉もあったのかもしれない。けれど,名古屋の看板を背負っている立場上,それは許されない。
そのジレンマを想像してしまったとき,なんとも胸が締め付けられるような思いに支配されてたまらない。
…と言うと,まるで,結婚した後で昔の恋人に偶然再会してしまったときのようなシチュエーションにも似てるような。
ブレない寿人はさすがすぎる。


第4節
3月18日 川崎フロンターレ
師弟対決! 元・風間の川崎と,現・風間の名古屋の対決とあって,全体から見ても注目度は最も高かったように思える。
そんななかキャプテンマークを巻いたのは,小林(名古屋)と小林(川崎)。どっちも小林さんやんけ。
寿人は後半22分からの出場。
試合結果は,昨年監督歴1年目にしてJ1初優勝を成し遂げた鬼木監督に軍配が上がった。
そうそう,昨年のフロンターレのドラマチックっぷりは一言では言い表せないので適当に切り上げる。
とはいえ,今年38歳で未だ成長に終わりがない憲剛くんのカリスマっぷりはどう考えてもすごい。その素地となったのが紛れもない”風間流”で,「ベテランも若手も成長する」論なんだろう…。


第5節
3月31日 サガン鳥栖
黒星。寿人出場登録なし。
そういえば,開幕2連勝して以来,白星が無いような…?
posted by 水野優 at 20:18| Comment(0) | 赤シャチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ ←サッカー速報や噂,観戦日記など,サッカーブログが大集合