2018年03月13日

日本一いぢわるな寿人ファン

それはまず水野のことでしょう。
なんつったって,10年以上いた古巣に対戦相手として乗り込むその瞬間を,目撃せずにはいられないんだから。

ねじれてる。
最初にサンフレッチェ広島の試合を見たのは,佐藤寿人の在籍していた年。場所は,古巣であるベガルタ仙台のホーム,ユアテックスタジアム。
この頃は北日本在住の貧乏学生であったから,これが精一杯の遠征,唯一できた現地観戦ともいえる。ここまではまぁしゃぁない。

なんとしても,一つでも多くこの目で観たい…そう思いから,広島の企業に応募だけしたものの交通費が割に合わず結局諦めてしまった。
就職と転職とで都内に身を移し,さあこれで関東圏は行けるぞと希望に満ちたのも束の間。ふたを開けてみるとなかなか現地観戦できない。あろうことか土日にほとんど休めない職種に就いてしまったのだ。
…サンフレッチェが好調なのにブログがぱったり途絶えてた時期がまさにここ。
惜しい…あの絶頂期をリアルタイムで追えなかっただなんて…。

職種が変わり,多少は休日が暦通りになってやっと観戦行けるーと思って,
「来年こそはビクアチ,今はエディスタか,に行くんだーー」
と意気込んで

ら,
今度は,
寝耳に水の移籍話!

……結局寿人在籍中にビクアチ(現エディスタ)に行くことは叶いませんでした。。。
ずっとずっとずーーっと,広島にいるものだと信じきっていたからなぁ。それで「いつでもいいや」みたいな慢心に変わり,「来年」は永遠に「来年」のままだったのだ…。

それではいけん。
今日と同じ日は二度と来ない。
2018年は1回しか来ない。
2018年3月14日は,生涯二度と来ないうえ,24時間しかない。
10年以上在籍していた,思い入れの強い地に,初めて「敵陣」として乗り込むその姿を目撃できるのは,そのうち一瞬しか,ない。
どんな激励が,どんなブーイングが,どんな歓声が,彼を待ち受けているのか。
肌に感じることが出来るのは,この時しかない。

……なぁ?いぢわるだろう?
だから自ら日本一いぢわるな寿人ファンを名乗ってみることにしよう。笑
サッカーブログ
posted by 水野優 at 23:20| Comment(0) | 日記雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ ←サッカー速報や噂,観戦日記など,サッカーブログが大集合