2018年11月18日

[18-11-18] グラサポの存在

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

第一印象は,こわかった。
赤い集団,熱気を帯びたバーバリアンレッドの波の中に飛び込むのは,なかなか勇気が要る。そんな印象だった。

とにかく,名古屋は,アツい。
その熱気と勢いで,人工的な風が本当に発生しているのであろうというほどに。
温度差で火傷してしまいそうなほどに。

第二印象も,こわかった。
初めて名古屋側の席から観たのは結果として敗戦してしまうという苦い試合であった。
自選手がボールを奪われればブーイング
自選手がボールをトラップミスすればブーイング
自選手がボールを下げればブーイング
自選手のミスに対して,厳しすぎやしないか……と目を丸くしてしまった。
もしかしたらそれは一部の過激なファンが,たまたますぐ近くの席にいただけのことかもしれないが,呆気にとられたかんじだった。
勝利にこだわるがゆえの,彼らなりのパフォーマンスなのだろうか。
やや過激に映るのは,意識の違い…認識が甘いだけなのだろうか。

プロは勝ってナンボの世界。強いほうが勝つ。勝てないのは強くないから。強くない選手は,いらない。それが,プロだから。見てて面白くないプレーをしようもんなら,即退場,最悪クビでもおかしくない。見てて恥ずかしくないプレーをしてほしい。だから,中途半端なプレーに対してブーイングをするのは,金を払ってわざわざ会場に駆け付けたファンの権利,といったところか。
だからこそ,彼らは声を荒げて叱咤する。
”強く誇らしい名古屋”であってほしいから,あえて厳しい言葉も投げかける…。
それが,名古屋愛の形のひとつでもあるのかもしれない。


大応援団に目を向けると,どんなに劣勢でも,声を枯らしても応援を止めない姿があった。
太鼓を鳴らし,タオマフを掲げ,選手の名を呼び,風を起こす。
彼らの後ろ姿はエネルギーに満ちていた。
どんなときも選手を信じ,どこまでもついていこうという堅い意志さえ感じられた……。


2016年11月,名古屋グランパスが初のJ2降格となってしまったときの絶望感は一言では言い表せない。
大粒の涙を流して,そのときの選手たちを見送ったサポーターたちは,今でも変わらず今の名古屋を応援している。
考えてみればすごいことではないだろうか。
2017年,初のJ2に挑むにあたって,半分以上の選手が入れ替わってしまった。去ってしまった多くが,トップリーグで闘うにふさわしい名選手だとか将来有望な若手選手ばかりだ。
魅力的な選手のほとんどが去ってしまったとなると,その選手を応援していただけのファンは,前のチームを応援する意味をなくしてしまうかもしれない。
魅力的な選手がいなくなってしまったチーム自体,魅力がなくなったと感じて見放してしまう人もいるかもしれない。
特にライトなファン層,うつろいやすい浮遊層なんか,さっさと見限ってしまったりする。
クラブ発足時は大注目されたけど,年々注目されなくなって,廃れてしまったクラブなんてその辺にごろごろある。
J2落ちし,スター選手をごっそり削られたグランパスも,そんな悲劇を辿るのでは…という危惧もひょっとしたらあった。

けど,それは杞憂だった。

名古屋人気質というのは,身内を絶対裏切らない

グランパスというチームがなくなるわけではない。
グランパスサポーターを失うわけでもない。
例えカテゴリーが違ってもグランパスというクラブもグランパスサポーターも彼らの内にあり,すぐ近くにいる。
そんな思いを当然としてもっているのが,グラサポの強さなのではないだろうか。

だから,J2にカテゴリが変わった2017年,J1だった2016年を上回る観客動員数を記録しちゃうという逆転現象まで起きてしまったのも納得がいく。
彼らは…グラサポはどんなときも,名古屋グランパスを応援することをやめない……。

こわいほどに強烈なグラサポの声援は,選手たちの背中を押す追い風になっていくのだろう。


…ただ,やっぱり過激なところもあるのがつらい。
負け試合のあと,現地に来てくれたファン・サポーターたちに一礼する選手たちに向かって,叱咤激励以外の酷い言葉をかけるのは,正直,やめてほしい,と,思う。
正直,ライトなファンや女性ファンにとって,ドン引きレベルだったりする。そのせいでその層はもうスタジアムに来ることはなくなって,それが続いては新規ファン獲得に失敗してクラブ人気が全体として衰退していく惧れすらあるわけで…。
結果として負けたら,負けは負けだけれども,選手たちは90分間全力で,一試合一試合選手生命を懸けるくらいのつもりで闘ってきたわけで。
我々サポーターはその背中に労いの声をかけてやるのが本来の役目なのではないかと思う。
気持ちは十分わかる。負けて悔しいのは皆同じで…。いや,同じじゃないよ。一番悔しいのは,選手達本人なのだから。
甘やかすだけが応援じゃないという言い分もわからなくもない。あえて厳しい言葉をかけることで選手を鼓舞しているというのもあるのかもしれない。けど,それ,自己満足になってない?自分のなかのモヤモヤを晴らすために,選手にぶつけるのは,それは違うと思う。選手が,この言葉をかけてくれるサポーターたちのためにもっと頑張ろう,と思ってくれるような言葉でなければ,意味がないんじゃないかな。
…なんて,モヤモヤしていたら,なんと,
寿人が自らメガホンを取り,彼らに呼びかけた。)
「何を言われてもしっかり受け止めるから!」

これが,我々が惚れた,佐藤寿人という選手ですよ。
あたたかいことばも,厳しいことばも,すべて受け止め,きっちり返す。この誠実さ。
広島のサポーターがウン万人分の署名を集めてまで移籍を阻止しようとした選手。
移籍からわずか1ヶ月ですっかりチームの大黒柱となったキャプテンシーの塊のような選手。
在籍1年でがっちりグラサポの心をつかんだカリスマ性あふれる選手。

佐藤寿人という選手は,もしかしたら名古屋グランパスの形を大きく変えるかもしれない。いや,もしかするともう変わっているのかもしれない。

グラサポは,どんなときも応援することをやめない。
その心は変わらないどころか,少しずつ変化しているように思える。
信じる力が強固になり,名古屋愛がより深まり,今までよりももっと大きな風を起こせそうな,そんな気がする。

名古屋の風を起こそう。
posted by 水野優 at 14:18| Comment(0) | 赤シャチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

[18-11-17] HIROSHIMA博2018@二子玉川

多摩川沿いにたまたま寄ったら,たまげたことが起こってた。

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

東京都世田谷区の南端,二子玉川。平日はマダムが,週末は家族連れが集まる「リッチピーポー」タウン。
だいたい毎週末なんらかのイベントをやっているもよう。
たまたま行った今日は,なんと,広島で広島な広島フェアを催していた。

その多くは,やっぱり3連覇のカープでカープなカープ色。スライリーやカープ坊やのグッズが所狭しと展示&販売。こりゃたまたま寄った人でもたまらんでしょ。
よく探すとサンフレッチェ広島ブースもあったので,そりゃ寄るよね。立ち寄ったらそこには,現・日本代表監督が日本一の監督になった瞬間の映像が。サンフレッチェ広島が優勝した2012年,2013年,2015年の映像。ポイチ,カズ,コージ,アオ,創立時の風間選手,そして,寿人。サンフレッチェ広島25周年DVDの販促映像のようだ。

Jリーグ史上第一号ゴールを記録したのが,サンフレッチェ広島の風間八宏選手。
Jリーグ最速ゴール記録(当時)を記録したのが,サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手。

名古屋にサッカーの楽しさを改めて教えてくれたのが,風間八宏監督。
名古屋に誠意と信頼と情熱を改めて教えてくれたのが,佐藤寿人選手。

……運命だ!

風間さんと寿人が同じDVDに伝説の選手として収録されてるなんて胸アツだわー…。
こりゃたまらんね。買おうかな。




他にも,
呉市の海軍カレー。
三島食品の「ゆかり」。
廿日市市の宮島つくだに(包装が手書きなのがミソ)。
熊野町の筆をモチーフにしたゆるキャラ。
竹原市のうさぎ。
STU48メンバーの観光PR写真。
……などなど,広島愛が溢れてて楽しすぎるイベントになってました。
やっぱりというか,おたふくソースをつかったお好み焼きのブースは長蛇の列!

二子玉川の広島フェアは明日まで!


=========================
まるごとHIROSHIMA博2018
日時
11月17日(土) 11:00〜17:00 11月18日(日) 11:00〜17:00(予定)
場所
中央広場、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
今年も開催決定!まるごとHIROSHIMA博。
カープ、サンフレッチェ、JTサンダースなどのスポーツ関連イベントや、お好み焼き、牡蠣、海軍カレーといったグルメなど、広島情報満載のイベントです。
カープ女子・うえむらちかさん、カープ芸人・ザ・ギース尾関高文さんと、今年はSTU48メンバーの出演も決定!昨年大人気だったチチヤスのチー坊グッズも販売予定!ぜひご来場ください!
※イベント内容は予告なく変更する場合があります。

【コンテンツ】
・カープトークショー
・STU48トークショー
・うえむらちかトークショー
・広島県内観光情報
・広島グルメ(お好み焼き。牡蠣、海軍カレー)
・広島関連企業ブース ほか

【主催】
中国新聞社
=========================

二子玉川ライズ公式
http://www.rise.sc/event/?id=12978

主催:中国新聞社
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=482110&comment_sub_id=0&category_id=256

posted by 水野優 at 22:26| Comment(0) | 日記雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

[18-11-16] PlayBackポイチジャパン

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

本日,サッカー日本代表ベネズエラ戦がキックオフとなる。
昨日の西野ジャパンに引き続き,後任の森保(もりやす)ジャパン……通称ポイチジャパンについて,ざっくりおさらい。


「ぽいち」こと,森保一(もりやす・はじめ)氏

…ロシアW杯までの任期を終えた西野氏の後任として森保氏の名が挙がったとき,「やっぱりな」と思った人は少なくないかもしれない。

2012年,2013年,2015年,4年間で3回,サンフレッチェ広島を優勝に導いた元指揮官は,その時(2018年)フリーだったのだ。
A代表監督が日本人だと,選手との意志疎通や選手の活かし方が格段によくなる印象を受けたのもあるのかもしれない。
その時森保氏は,世界を回ってインプットに励んでいたそうだ。まるで,この未来を見通していたように。
しかしまさか,A代表と五輪代表とを兼任するとは,さすがに予想だにできなかった…。

森保氏の経歴については文春の記事がまとまっててわかりやすい!
そしてここ
「当時エースだった佐藤寿人さえも特別扱いはせず、調子が今ひとつだとスタメンから落としたり、動きが落ちたと判断すると後半の早い時間に交代した。」(同記事)
なかなかショッキングな一文である。しかしそれが,森保流の起用基準ということを象徴しているようにも見える。。

ということは,これからたとえば堂安律(A)や久保建英(U-21)のような未来のスター選手がいたとしても,調子が悪いと判断されればスタメンに選んでもらえない,と。
監督の起用基準,采配方針について少しでもわかるようになると,これから観るゲームが面白くなってきそう…!

そんな国際Aマッチ,ベネズエラ戦のスタメンは…?
>>>日本代表カテゴリ新着記事


2018年11月7日時点のサッカー日本代表

【A代表】

GK:
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

DF:
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
山中亮輔(横浜F・マリノス)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋(シントトロイデン/ベルギー)

MF:
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
遠藤航(シントトロイデン/ベルギー)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)

FW:
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木優磨(鹿島アントラーズ)
北川航也(清水エスパルス)


【U−21日本代表】

GK:
小島亨介(早稲田大)
滝本晴彦(柏レイソル)
山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)

DF:
板倉滉(ベガルタ仙台)
大南拓磨(ジュビロ磐田)
立田悠悟(清水エスパルス)
橋岡大樹(浦和レッズ)
小林友希(ヴィッセル神戸U−18)

MF:
中山雄太(柏レイソル)
三好康児(北海道コンサドーレ札幌)
長沼洋一(FC岐阜)
伊藤達哉(ハンブルガーSV)
藤谷壮(ヴィッセル神戸)
岩崎悠人(京都サンガF.C.)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
齊藤未月(湘南ベルマーレ)
伊藤洋輝(ジュビロ磐田)
久保建英(横浜F・マリノス)

FW
小川航基(ジュビロ磐田)
上田綺世(法政大)
田川亨介(サガン鳥栖)
posted by 水野優 at 12:30| Comment(0) | サッカー話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

[18-11-15] PlayBack西野ジャパン【半端ない】

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

日本中,テレビの前で釘付けになった。

「大迫半端ねえって」はリバイバルワードだが,今年の流行語大賞候補となっている。

それよりも驚いたのは,これ以前に日清カップヌードルが大坂なおみバージョンのパロディCMを製作,放送していたことだった…。



日清食品を食べて大坂なおみを応援しよう!

オリジナルはこちら


2018年
サッカーワールドカップ・ロシア大会

日本代表メンバー 23人

■GK
川島永嗣/メス(フランス)
東口順昭/ガンバ大阪
中村航輔/柏レイソル

■DF
長友佑都/ガラタサライ(トルコ)
槙野智章/浦和レッズ
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)
酒井高徳/ハンブルガーSV(ドイツ)
昌子源/鹿島アントラーズ
遠藤航/浦和レッズ
植田直通/鹿島アントラーズ

■MF
長谷部誠/フランクフルト(ドイツ)
本田圭佑/パチューカ(メキシコ)
乾貴士/エイバル(スペイン)
香川真司/ドルトムント(ドイツ)
山口蛍/セレッソ大阪
原口元気/フォルトゥナ・デュッセルドルフ(ドイツ)
宇佐美貴史/フォルトゥナ・デュッセルドルフ(ドイツ)
柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)
大島僚太/川崎フロンターレ

■FW
岡崎慎司/レスター(イングランド)
大迫勇也/ブレーメン(ドイツ)
武藤嘉紀/マインツ(ドイツ)



日刊スポーツ『西野ジャパンの戦績』


本田,香川,乾といった海外リーグの第一線で活躍する選手を中心に,安定の長谷部キャプテンを軸に,チームは快進撃を見せてくれた。
柴崎のうっとりするようなボール捌きや,ダブル酒井の献身的かつ積極的なプレーに何度救われたか。
あまり目立たないポジションだが,DF昌子がいなかったら,ここまで勝ち進むことはできなかったんじゃないか,とか。
何故かよく叩かれるのがGKの宿命なのか…失点はGKだけの責任ではないのだけどとにかく世間は川島バッシングが激しかったなぁ。。。
そして乾のセクシーフットボールが冴えたね!
弟くんの大躍進は,ちょっとジェラしいけど嬉しいね。
(童顔っぷりがよく似ている,寿人と貴士の兄弟写真はコチラ…佐藤寿人オフィシャルサイト

驚いたのが,グループリーグ第3戦の先発メンバー総入れ替え。主力の本田や香川をベンチに温存して,それまでサブだった選手を先発に大胆起用。決勝トーナメントをベストコンディションで臨むための大きな決断だったことを解説者の力説で知り得る。これも戦略だと。なにがなんでも決勝トーナメントを一つでも勝ちたい。その強い想いは,どんなブーイングにも打ち勝つのであった。

日本より暑い異国の地で,サムライブルーは躍進した。

優勝候補・ベルギーを相手に,敗けたとはいえ2点も奪ったのは,それだけで大金星の感がある。
この大会で2得点を奪った弟…もとい,乾選手は,ビッグスカウトを受ける。
セクシーフットボールの完成形?ともいうべきスペインリーグ,それも1部リーグからのオファーだなんて…




楽しかった。
「おじさんジャパン」と揶揄される平均年齢の高さではあったが,それ故,熟練のプレー,息の合った連携などが見られたわけで。
リアルタイムであの軌跡の数々を観られたのは,実はとても幸せなことだったんだとも思えるくらいだ。


白鳥和洋『西野ジャパンがロシアW杯で躍進できた“3つの理由”』
清水英斗『西野ジャパン総括。2カ月の功績と、2カ月の限界。ボトムアップで挑んだロシアW杯の評価は?』
posted by 水野優 at 19:30| Comment(0) | サッカー話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

[18-11-14] PlayBack名古屋 Part.6

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

2018年5月,
ロシアワールドカップに伴うJリーグの中断期間に入って早々,行われたのは…

名古屋グランパスファン感謝デー2018
プログラム(PDF)






選手たちが描いた自画像をデザイン‼️ 『ファン感Tシャツ』販売のお知らせ🔔 5/27(日)に開催する名古屋グランパスファン感謝デー「LOVE GRAMPUS Festa 2018」にて、選手たちが描いた自画像が前面に入ったデザインのTシャツを販売いたします‼️ さらにご購入頂いた方には選手・監督の愛用品が当たる抽選券がついてきます🎫 ファン感謝デーのみで購入できるTシャツになりますので、ぜひお買い求めください😌 #grampus #名古屋グランパス #ファン感謝デー #ファン感Tシャツ #佐藤寿人 #長谷川アーリアジャスール #和泉竜司 #Jo7

名古屋グランパス / Nagoya Grampusさん(@nagoyagrampus)がシェアした投稿 -




誰が誰だかわかるかな…





スペシャルゲストにドアラ!
笑点大喜利をはじめ,いろんな企画で来場者大満足の一日だったようす。

Facebookなど各種SNSをざっと見たら,「楽しかった」「行ってよかった」「いい思い出になった」「名古屋グランパスがますます好きになった」といった感想がずらり。
行きたかったなぁ。
Jリーグ25周年記念ユニフォームの凛とした黒はかっこいいね!着用モデルの寿人かっこいいね!←そこしか見てない
posted by 水野優 at 13:30| Comment(0) | 赤シャチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

[18-11-13] PlayBack名古屋 Part.5

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

今年はロシアワールドカップのための中断期間を控え,リーグ戦は超過密スケジュールで進行する。
4月も中3日くらいで次,次,と試合が続き,疲労が蓄積されていく…。


5月2日 #12 ホーム瑞穂 セレッソ大阪 draw
寿人出場なし
やっと勝ち点1…!
リーグ戦8連敗という長いトンネルをやっと脱した安堵感はあったんじゃないかな。


5月5日 #13 ホーム豊田 横浜FM draw
寿人出場なし
ホーム連戦で連続勝ち点1ゲットは,前向きに考えていい…はず。
だって,この試合,ほぼほぼマリノスの猛攻に支配されていたようで…。


5月9日 ルヴァンカップ アウェイ 浦和 lose
寿人出場なし
赤くアツいチームと赤くアツいチームとの直接対決は,ホームに軍配が。
たまちゃんのフリーキック4本とコーナーキック3本は期待が膨らんだものの…。


5月12日 #14 アウェイ 長崎 lose
寿人出場なし
名古屋のパスがつながらない?!長崎の徹底的な名古屋つぶしに嵌ってしまったようだ。


5月16日 ルヴァンカップ アウェイ ガンバ大阪 win
寿人出場なし


5月20日 #15 ホーム豊田 柏 lose
寿人出場なし
名古屋,リーグ戦では13試合勝利なし…だ…と……?
ここでJリーグは中断期間に入る。


長いトンネルに入ってしまったかのような。暗くて。狭くて。見通しの悪い。酸素も薄いんじゃないかという息苦しさを感じる。そんな道の途中に放り出されてしまったような。
普通のひとなら,すぐに脱出したいと考えるだろう。今すぐこの不安な気持ちを取り除くためには,この暗い細道から逃げ出すのが一番てっとりばやい。
でも,敢えてそうしないひとたちがいる。
グラサポは,こんなことじゃサポーターを辞めやしない。
どこまでもついていく。どこまでも追いかける。どこまでも後押しし続ける。
グラサポは,絶対に諦めない。
グラサポは,応援することを,やめない。
陽の当らない寒いトンネルも,みんなで歩けばあたたかい。
そういう意味じゃ,
名古屋人の結束力の強さというものを,改めて思い知らされる期間でもあった。




ところで,5月は寿人の出場が全くないようなんですが,どういうことでしょうか。ご存じの方メッセ下さい。
posted by 水野優 at 22:59| Comment(0) | 赤シャチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

[18-11-12] PlayBack名古屋 Part.4

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

4月の名古屋,長いトンネルに迷い込む。
ざっくり言うと,リーグ戦全敗。
3月から数えて8連敗という不名誉な結果に……
開幕2連勝で浮足立ってたファン・サポらは意気消沈か………?
いいや,こんなことくらいじゃへこたれないのが,名古屋愛ってやつなんじゃないか……!


鯱かぶりの猫かぶり

#Repost @rojiman . 🌸「ねこ休み展 春 2018」🌸 🌸4月20日より名古屋で開催🌸 . 名古屋グランパス⚽️のマスコットキャラクター「グランパスくん」を抜け毛先生( @umatan )が再現!💮 チームから公認を頂きました✨㊗️ さらにチームロゴの提供も😳😆 さっそくお昼寝段ボールをグランパス仕様に改造しました✨ #名古屋グランパス さん、ありがとうございます!🙏 . 名古屋TGSギャラリーにて「抜け毛グランパスくん」が実物展示されますので、皆様ぜひ会いに来てね〜⚽️ #ねこ休み展 #抜け毛グランパスくん #グランパスくん #シャチ #todaysgallerystudio . Neko-break exhibition starts in Nagoya. . #抜け毛サロン #抜け毛貯金 #抜け毛帽子 #抜け毛アート #帽子屋NUKEGE #ねこかぶり #cat #scottishfold #catsofinstagram #instacat #猫 #ねこ #猫部 #ねこ部 #ふわもこ部 #ペコねこ部 #みんねこ #NEKOくらぶ #もふもふ #スコティッシュフォールド #白いすこちゃん同盟 #チームしろねこ

名古屋グランパス / Nagoya Grampusさん(@nagoyagrampus)がシェアした投稿 -




4月の名古屋グランパスメモ

4月4日 ルヴァン杯 ホーム瑞穂 ガンバ大阪 lose
寿人:出場なし
名古屋から大阪へ移籍した名古屋育ちの森勇人が途中出場しフクザツな気分に。


4月7日 #6 アウェイ 札幌 lose
寿人:後半27分からの出場
札幌FW都倉が華やかなゴールを決め,名古屋敗れる


4月11日 #7 ホーム 仙台 lose
寿人:後半27分からの出場
なぜジョーを先発で使わない?!
寿人の古巣対決第2戦も敗れる,か。


4月14日 #8 アウェイ 鹿島 lose
寿人:後半35分からの出場
鹿島の鎖のような守備につかまってしまい,ジョーをもってしても何も仕事をさせてくれなかった…?


4月18日 ルヴェン杯 ホーム瑞穂 広島 win
寿人:先発〜後半18分まで出場
3月の雪辱を晴らした!
それにしても後半18分,同時に広島の工藤が途中出場したわけだけど,この様子は;なんだか,旧広島のエースから現在の広島のエースに代替わりしたかのような画に見えなくもない…。チームは違うのに。タイミングが同じというだけで,画としてはそんなイメージで映る。やっぱり広島戦は特別な目で見てしまう節があるようだ。


4月21日 #9 アウェイ 神戸 lose
名古屋完敗。


4月25日 #10 ホーム瑞穂 清水 lose
寿人:先発〜後半0分まで出場
ガンガン攻めるのが名古屋の魅力だけど,たちまち裏をつかれる,という諸刃感が拭えない7連敗。


4月28日 #11 アウェイ FC東京 lose
寿人:出場なし
期待の新人・18歳の菅原由勢が前節まで先発フル出場し続けていたってのは地味にすごい。今節は前半のみの出場。

時を同じくして,J1リーグ第11節、V・ファーレン長崎対サンフレッチェ広島は2-0で広島が勝利を収めた。


閑話休題,
寿人,愛知県警の交通安全親善大使に任命される
http://nagoya-grampus.jp/news/clubteam/2018/0416post-956.php
posted by 水野優 at 20:15| Comment(0) | 赤シャチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

[18-11-11] イレブンの日。川崎フロンターレと鹿島アントラーズが優勝

11月11日は「サッカーの日」といくべきか「チンアナゴの日」といくべきか・・・
いやいやここは,背番号「11」佐藤寿人の日でしょうが!!

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

昨晩飛び込んだ速報,川崎フロンターレがJリーグ連覇。

☀︎ フロンターレ、連覇達成٩(๑ˆOˆ๑)۶!!! #今日 の試合は悔しいことに負けてしまったし、本当は勝って決めたかったけども、ここまで積み重ねてきた勝点63が、✨優勝🏆という形になったんだよねっ☺️! ぼくもふろん太と現地に行かせてもらって、優勝が決まった瞬間はアウェイだったけれど、ピッチにも居させてもらえたんだっ(๑˃̵ᴗ˂̵)و そう💡今日は思いきって全身ゴールドになってみたっ😎☆ぼくは去年同様だけど、ついにふろん太も😂! 決して簡単じゃないことを成し遂げたフロンターレ。 DAZNはもちろん、今日の夜のテレビ出演を見て、SNSも眺めて、ぼくも思いっきり浸るぞ〜っ(。•̀◡-)✧ 最後に、まだシーズン終わってないけど、フロンターレサポーターのみんな、ファミリーのみんな、いつもありがとう😊! そして、おめでとうっ☺︎🎊! byカブレラ ☀︎ #川崎フロンターレ #連覇 #🏆 #㊗️ #2018J1リーグチャンピオン #frontale #フロンターレ #kawasaki #川崎 #⚽️ #soccer #サッカー #jleague #Jリーグ

Kawasaki Frontaleさん(@kawasaki_frontale)がシェアした投稿 -


オリ10以外で初めてのJリーグ連覇。
リーグ2試合未消化で優勝。
この日の試合は負けたのに優勝。
アウェイの地・大阪で,高々と掲げられる,フロ桶。
……ちゃんと用意してたんだw

「追う立場」から「追われる立場」となった彼らであったが,その「攻撃的」スタイルは変わらなかった。
鬼木監督の的確なコーチングが実を結んだのは間違いないのだろう。
でもやっぱり思うのは,その土台を作った風間スタイルが既存のさらなる成長を後押ししたんだろうなぁ…ってこと。
名古屋では一からのチームづくりになってしまったため,熟成まで時間がかかるのはわかる。熟成した先には…?



そして本日(日本時間),鹿島アントラーズが初のACL制覇。

この日アウェイでのペルセポリスの試合はスコアレスドローだったが,2戦合計2-0で鹿島がACL優勝となった。
Jリーグと並行しながらの超過密スケジュールであるにもかかわらず!
かといってJリーグも力を抜かずしっかり上位。
一体この鹿島の底力の強さの秘訣ってなんなんだろう…。

海外経験のあるベテランや,A代表キャップのある実力派が勢ぞろいし,熟成されたチームという印象が強い。
きっとそれだけじゃない。たくさんの支えがあってこそ,彼らは実力を出し切れた。
インスタグラムのコメント欄をざっと見ると,まったく読めない言語がちらほらあったりする。
これは鹿島アントラーズが多国籍のファンから支持されているという証か。
そうか,KASHIMAは世界中から愛されているクラブなのか…。
世界中から応援されているなんて,なんて幸せなクラブなんだろう。

選手を,クラブを,信じて応援してくれるファン・サポーターがいてくれることは,彼らを勇気付けてくれる。
サポーターの力強い声援は,選手たちの立ちあがる力になる。
大声援の中心にいる選手たちは,なんと幸せな人たちなんだろう。

鹿島の優勝を見ると,そんなふうに思ってしまうから不思議だ。

しかしサポーターの熱量なら名古屋も負けてない。むしろ名古屋こそが日本一アツいサポーターを有しているのではなかろうか。
このアツいサポーターがいる限り,名古屋の次なる優勝も夢ではない。
その中心に寿人がいる近い未来を想像しないわけがない。
なんたって,グラサポがいるから。



寿人のライバル的存在,播戸選手が,FC琉球のJ3優勝で掲げるシャーレ

『シャーレ』 ・ コレを掲げる為に、1年間戦ってきました⚽️ ・ 多くの人に、誰よりも喜んでいると言われましたが、嬉しいのは当たり前です。1年間、毎日この瞬間を味わう為に戦ってきましたから。 ・ ゴールの時もそうやけど、日本人はもっと喜ぶべきだと思います。やってる本人達が喜ばないと、応援してる人達は喜べません。 ・ サッカーは真剣勝負であり、エンターテイメントでもあります⚽️ ・ この喜びは200%増しですが、それくらいで丁度いいと思います😁 ・ うん、それにしてもヒドイ顔😵 ・ 喜びが最高潮に達したら、人はこんな顔になるんやね。 ・ おじいちゃんみたいです👴 ・ ・ #champion #まだまだ続くよ #タイシの顔がまだ赤い

播戸竜二さん(@ryuji_bando)がシェアした投稿 -


これで来年からルヴァンカップなどでまた対戦するチャンスが訪れる…かも?
播ちゃんと寿人のライバル対決,また見たいな。
けど播ちゃんは驚くだろうな,「俺の知ってる寿人じゃない!」って。
だって,名古屋に来てからの寿人,プレイスタイルががらりと変わっているから…(ニヤニヤ


いやぁ,サッカーって,いいものですねぇ。by水野
posted by 水野優 at 14:11| Comment(0) | サッカー話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

[18-11-10] サポーターってなんだろう

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

清水や磐田といった,老舗サッカー王国のクラブのサポーターは,なんだかあたたかい,気がする。
なんというか,リスペクトがちゃんとある。
サッカー王国ともなると,きっとみんなが何かしらの形でサッカーに触れ,サッカーに関わり,サッカーと共に生きてきた。そんな社会が目に浮かぶ。
だからこそ深くサッカーを愛しているし,深く理解している。だからこそ,サッカーを,選手を,サポーターを,リスペクトできる。
それが対戦相手であっても,だ。
それが清水や磐田に対してもっている個人的なイメージ。


残念ながらそうじゃないひとも,じゃっかんいる。
どこどこのだれだれ,とは断定しないけど,頭に血が登っちゃって冷静な判断ができなくなっちゃったひと?
どことは言わないけど,赤いユニフォームの観客が起こした,よくないできごとがニュースになってしまったり。
恥ずかしいと思わないか。たった一人,同じユニフォームを着た誰かが不祥事を起こしただけで,そのクラブのサポーター全員がそういう身勝手な集団だと世間から思われてしまうんだよ。
選手たちは,そんな身勝手なひとに見てもらうために試合に出なければならないの?


『言うは易く行うは難し』
口で言うだけならどんなことでも簡単だが、実行となると口で言うほど簡単ではないという教え。
『塩鉄論・利議』に「言う者は必ずしも徳有らず。何となれば、これを言うは易くして、これを行うは難ければなり」とあるのに基づく。(故事ことわざ辞典より引用)

例えばヴァイオリン。
あまりにもさらりと弾きこなせているプロの演奏を見て,
「指で弦おさえて弓上下するだけでしょ〜?なんだ簡単そう〜」なんて思っちゃったとする。
で,実際に楽器に触れる機会があって試しに同じようにやってみようとすると…,
〈ギコ,ギコ。。。〉としか鳴らない。
メロディどころかまともな音すら出ずに,自分はノコギリ奏者なのかと落ち込むことだろう。
美しい音ひとつ出すにも,血のにじむほどの訓練を積み重ねた結果,身に付けた技術なのである。
それが,オーケストラの一員として,曲の主旋律を奏でるようになるまで,いったいいくつの試練を乗り越えなければならなかっただろう。
プロになるまで,いったいいくつの選択をして,犠牲を払い,ここまで来ただろう。
それは彼らが,純粋に,音楽を愛しているからではないか。

ヴァイオリンが少しでもできる人なら,第一線で活躍するプロの技術を純粋にすごいと思える。どれだけ難しいか,身をもって知っているから。


サッカーはどうだ。
いとも簡単そうにやってのける数々のプレーは,素人には真似できないものばかりだ。やったことのある人ならその難しさがわかるから,ミスに対して安易にブーイングなどせず,
「あれ難しいんだよね」「よくトライした」と思える
≪余裕≫
があるのではないだろうか。
プロの選手というのは,
純粋にサッカーが好きだから,好きで好きでしょうがないから,つらい練習にも耐え,誰よりもうまくなりたいと自主連を重ね,いろんなものを捨ててまで,プロの道を選んだんじゃないか。
それは彼らが,純粋に,サッカーを愛しているからではないか。

そんな覚悟を背負った彼らの後押しになれる存在が,サポーターなのではないか。


本当にサッカーを愛しているのなら,試合を妨害することなどできるはずがないよね。
本当にサッカーを愛しているのなら,競技中の選手に罵声を浴びせるなんてできるはずがないよね。
本当にサッカーを愛しているのなら,スタジアムに訪れたすべての人…敵味方関係なく…に,来て良かったと思える場づくりが,できるはず,だよね?


選手たちが,本当に「この人たちのために勝ちたい」と思われるような,そんな”見本”となれるような,ファン・サポーターになりたいよね。どうせなら,ね。


……前にも似たようなこと書いたなぁ……と思ったら
寿人が自ら矢面に立ってメッセージを発していたわけで。
みんな!寿人のために模範的サポーターになろう!!

関連記事
http://mizunohisato.seesaa.net/article/455149099.html
posted by 水野優 at 09:05| Comment(0) | 日記雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

[18-11-09] 広島旅行記

11年以上前からきままにやってる佐藤寿人ファンサイト,既に毎年恒例となっている「11」月限定毎日ブログ更新!今年もこの過酷なチャレンジ実施中でっす!! まとめて読んでみてやってもいいという方は,右下の【月別アーカイブ】から『〇〇年11月(30)』をクリックしてみてね。
サッカーブログ村

平成30年,長年の夢だった広島旅行が叶った。
それが3月14日であったからなおさら嬉しかった。

戦国時代における中国地方の覇者,毛利元就の,生誕が1497年3月14日の現広島県安芸高田市であるということを,しっかり知っているのは相当の歴史博学者か,現地の小学校の社会科の授業で習ったばかりの小学生くらいじゃないだろうか。
だからほんとは,元就生誕の地・安芸高田市に行きたかったんだけれども,それが都市部から大分離れていてうまくスケジュールに組み込めなかったというのが,悔やまれる。

あまり知られていないが,元就の,幼名は,「松寿丸」。
広島が生んだ名将の幼名に「寿」が入っていることにも,なんだか縁のようなものを感じずにはいられなかった。だからやっぱりどうしても,安芸高田市へはいつか必ず訪れるつもりでいる。

このときはまだ,各交通機関はICカード非対応であった。
…否,ご当地ICカード「PASPY」のみが使えるが,他の交通系ICカード(SUIKAやTOICA)が使えないといった状態。
広島空港リムジンバスの,往復券をキャッシュで購入し,期待を胸に市内へと近づく。

バスセンターで降り,紙屋町付近の交差点に出る。外はよく晴れていた。
平日の昼間なのだからあまり人でごったがえすといった感じではないが,それでも市内最大の繁華街とあって,エネルギーに満ちていた印象だ。

まず向かったのが旧市民球場跡地。広島の魂が集う場所といっても過言でないくらいの,特別な地であるという印象だ。実際には,何もない。既に何も無くなって,ただただ広い空間がそこにあるだけだった。ここがこれから何に使われるのかわからないが,未来の広島市民に希望を与える地であってほしいことは確かだ。たとえば,サッカースタジアムとか…?
大きな道路の向こうにチラ見えする原爆ドームを背に,しばし観光することに。

お城に徒歩で行けるというこのカジュアルさも広島が観光地として人気の理由のひとつかもしれない。まだ淡い色の木々と早咲きの桜が出迎えてくれた広島城は,とにかく「毛利」がモウリモリで楽しかった。毛利推しにはたまらない,毛利モウリだくさんな施設。何回でも行きたい。(鼻息荒い)
城の最上部からの眺めというのもまたいい。広島市内がいかに平坦な場所に醸成された街なのかを再確認できる。そしてこの城が,いくさの拠点ではなく,街のシンボルとして建設されたという経緯を知り,何百年もの時を経てなおその役割を担っていることへの感動と畏怖を覚えた。
いくさの拠点として使われた元就の居城・吉田郡山城は,いつのまにかなくなってしまったらしい。直線距離で4kmくらいのところにサンフレッチェ広島の練習場,吉田サッカー公園がある。
「三本の矢」だけに注目されがちだが,サンフレッチェ広島と毛利元就とは,実はこんなにもご近所な関係があったりする。

宮島に行ったのもやはり元就を追っていったようなものかもしれない。毛利家のライバル大名・大内氏を裏切った陶氏との直接対決の地である。ここでの決死の戦いは,現代でこそ脚色がいろいろ入っているとはいえ,面白い。
如何に元就が用意周到で,かつ騙し合い,というか「かけひき」の能力に長けていたかを思い知らされる。
オフサイドライン上での騙し合い,というか「かけひき」の能力に長けていた,広島時代の寿人と重なる。

毛利元就を追っているのか,佐藤寿人を追っているのか,と苦笑い。だが,こういう楽しみ方もあって,いいんじゃないかと気楽に考える。

時代は変わり,毛利家は安芸(広島)を離れ萩(山口)へ民族移動する。
シーズンの変わり,佐藤寿人は長年いた広島を離れ,新天地名古屋へ移籍する。

歴史は,くりかえすというのか。
ただ,寿人の場合,自らの意思で,そうした。
歴史は,自らの意思で,つくっていったものごとの,結果だ。
彼は歩いていった。
新しい名古屋グランパスの佐藤寿人を,自らの意思で,表現していくために……。

そしてその夜,その決意の姿を,ついに目撃するのである……。

2018年3月14日
ルヴァンカップ 
広島 − 名古屋

そこにいたのは,名古屋グランパスの佐藤寿人に間違いなかった。
posted by 水野優 at 19:35| Comment(0) | 日記雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ ←サッカー速報や噂,観戦日記など,サッカーブログが大集合